不動産売却と賃貸

不動産売却と賃貸 結婚や両親との同居や転勤などライフスタイルやライフステージの変化に伴い住まなくなった家があり、不動産売却をすべきか賃貸物件として貸すべきか迷っているという方は多いのではないでしょうか。それぞれメリットとデメリットがありますので、じっくりと比較してベストな選択をしましょう。
メリットの違いについてですが、不動産売却の方は売却益としてまとまったお金が手に入る、売却額が決まりその後価格が下落するというリスクと不安から解放される、維持管理に手間やお金をかけなくて済むなどのメリットがあります。貸した場合のメリットは、資産を有している状態で家賃収入が得られるということです。不動産売却のデメリットは資産を失うことと、売却のタイミングを見誤ることで損する可能性があるということではないでしょうか。賃貸のデメリットは、維持管理のためのランニングコストがかかることと、空室となってしまった場合に家賃収入が得られなくなることです。家賃収入にかかる税金を納めるための確定申告も必要になります。

賃貸用の不動産売却の選び方におけるポイントの紹介

賃貸用の不動産売却の選び方におけるポイントの紹介 不動産売却においてより高い値段で家やマンションを売るためには、どの業者と契約するかを徹底して調べることが有用です。個人で売買や賃貸の売主を探すこともできますが、個人で契約することは困難なので仲介をしてくれる不動産業者に依頼します。
不動産業者にも種類や得意分野が異なってくるので、自分の依頼要件を満たす業者をインターネットで調査して探します。
不動産の売却価格には相場があるため、相場を把握してどの程度の価格で売却可能かを判断するためには専門性や経験が必要となってきます。まずはご自身の不動産の相場を把握するために、複数の業者に査定を依頼して比較してみましょう。
実際に契約する前に一番信頼できる業者を把握するために、なぜその査定額となった根拠を尋ねてみましょう。妥当だと思った会社や営業実績、担当者との信頼関係などで総合的に判断すると満足できる不動産売却が行えると思います。
大手企業でも中小企業でも問題ありませんが、どのような販売活動をしてくれるのかを確認しておくとよいでしょう。

新着情報

◎2020/12/1

不動産売却と賃貸
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

築年数が経過した物件の売却
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「不動産 賃貸」
に関連するツイート
Twitter