築年数が経過した物件の売却

築年数が経過した物件の売却 不動産売却にあたって、対象物件の築年数の高さが売主の心配の種になることはあり得る話です。
たしかに建物には耐用年数が決まっていて、一般に木造住宅であれば新築から20年程度とされていますので、それ以上経過している物件は価値が大幅に低下してしまうことがあります。
しかしその場合であってもまったく市場価値がないかというと、かならずしもそうとはいいきれません。
たとえば人気のエリアの住宅団地のなかにあったり、駅や学校などの施設が近いなど、立地そのものにプレミアムがついている場合には、土地を含めた価格として高値で取引される余地があります。
また平凡な立地環境であったとしても、リフォームをして新築同様の外観や機能性が保たれている物件であれば、自己居住用に購入を希望する人も多いのは事実です。
ある程度安値での不動産売却を容認できるのであれば、みずからリフォームや大幅なリノベーションをする心づもりをもった買主が登場することもあります。

不動産売却の際はリフォーム代金も含めて回収

不動産売却の際はリフォーム代金も含めて回収 中古の物件を販売する時、気になってくるのが建物や部屋自体の傷みや古さです。
しかし、リフォームの仕方によっては新品のようにきれいになり人気の物件へと生まれ変わります。そのため、古い物件は不動産売却をする際に先にリフォームをする場合もあります。販売する時は本来の不動産の代金に、リフォーム代金も加算して販売するのが一般的です。
注意しなくてはいけないのは、不動産売却の際に価格を下げすぎるとリフォーム代金を回収できなくなってしまうことです。リフォームしたら、ある程度の価格帯で売却することを目標にしてください。
もし、回収が不安な時は工事を行わずに不動産売却してしまう方法もあります。古く傷んでいる物件は、高く購入してもらえないと不安を感じる人もいますが心配無用です。
安く購入して、自分の好きなようにリノベーションできるという点を売りに人気物件になることもあります。どちらが得をするのかは、場合によって異なるので良く考えることが重要です。

新着情報

◎2020/12/1

不動産売却と賃貸
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

築年数が経過した物件の売却
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「不動産 リフォーム」
に関連するツイート
Twitter