不動産売却後に住宅ローンの返済はできる?

不動産売却後に住宅ローンの返済はできる? 住宅ローンが残っていても不動産売却はできますが、それには絶対条件があります。
不動産売却が終わった時点で、ローンの支払いがすべて終了していることです。
つまり、今の住まいを引き渡す前に残高を返済しておく必要があります。
考えられるのは、住宅売却金額と残債とを比較して少ない場合はどうするかです。
新しい住宅を購入することで、「住み替えローン」を組むことはできます。
この場合ふたつのローンが合算されることになり、単純に借入額が大きくなるので、審査自体が難しくなるという欠点があり結局審査が通らないというリスクがあります。
ローン残高がどうしても支払えない場合に検討するのは、「任意売却」です。
これは、不動産会社に依頼します。
この場合支払いを数ヵ月滞納している事実を証明して売却することが必要になります。
この場合には信用情報機関に履歴が残ってしまいます。
金融機関との話しあいによって不動産売却後の残債を支払っていくことになります。

住宅ローンが残っているけれど不動産売却は可能?

住宅ローンが残っているけれど不動産売却は可能? 住宅ローンの返済が残っている場合でも、不動産売却を行うことはできます。
ただし、不動産には抵当権が登記されており、この抵当権を外さなければ不動産売却はできません。
抵当権とは住宅ローンの借り入れ先である金融機関が、融資と引き換えに不動産を担保とすることを証明するものです。
返済が滞った場合に不動産を競売などにかけて資金を回収できるのは、この抵当権を持っているからになります。
では、返済の流れはどのようになるのでしょうか。
不動産売却をする際には、ローン残高を一括で返済する必要があります。
全額返済するのは無理と思うかもしれませんが、売却した代金を充当すればそれと同時に抵当権を抹消できます。
売買契約を締結した後で、借入先の金融機関に一括返済の申し込みを行います。
不動産売却した代金よりもローン残高の方が多い場合には、足りない分の現金を用意しなければなりません。
それから住み替えローンを活用する方法などもあります。

新着情報

◎2020/9/28

築年数が経過した物件の売却
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「不動産 解消」
に関連するツイート
Twitter