このサイトでは、これから不動産売却をしたいと考えている方達が多く悩む不動産の売却に関する不安や悩みを紹介し、詳しく疑問にお答えしています。
長年使っていない家に税金を払い続けるよりは、家を売りたいと考えてる方や古い家の買い替えを検討している人など様々な人が感じる疑問点や悩みは、事前に解決しておけばスムーズに不動産の売却が進められるようになります。
正しい知識を理解しておくと、初めての不動産の売却における失敗を減らすことが出来ます。

不動産売却のよくある不安や悩みを紹介します

不動産売却のよくある不安や悩みを紹介します 不動産売却に不安を感じている方で多いといわれている質問の一つが、「見積もりをだしてもらうために、何社に依頼をするべきか」という疑問です。
基本的に査定を依頼する際には、各不動産会社の得意分野をしっかり知るためにも、平均で3~6社に問い合わせします。
たくさんの会社に見積もりを出してもらうと、どの会社と連絡をとっていたのか自分でも把握できなくなってしまう恐れがあります。
他には「不動産会社と結ぶ仲介契約の違いが分からない」という不動産売却の疑問です。
仲介契約には専任媒介契約と、専属専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があり、専任タイプは契約会社が1社で、3ヶ月を上限とし募集の全てを託す必要があります。
専属専任タイプは契約会社が1社で、買主を見つけた場合でも必ずその会社を仲介に入れないと買えません。
一般タイプは、複数社と契約が可能で、広く買主を募集出来る反面、報告義務がありません。

不動産売却の不安を解消するためにはどうすればいいのか

不動産売却の不安を解消するためにはどうすればいいのか 土地や建物などの不動産売却には不安が伴います。
何もわからないという人も多いでしょう。
まず売却予定の土地や建物の相場を知ることが必要です。
売却したい不動産の近くの物件がいくらで売り出されているかを見れば大体の相場がわかります。
それからいくつかの不動産会社に査定を依頼して、価格や対応などを考慮しどこに頼むか決めます。
1つの不動産会社でもいいし、複数に頼むこともできます。
不動産会社と不動産売却についての媒介契約を結ぶことになりますが、媒介契約には3種類あります。
専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約です。
専属専任媒介契約は不動産会社1社だけと契約し、その不動産会社が探した相手としか取引できません。
専任媒介契約も不動産会社1社としか契約できませんが、自分で取引相手を見つけて契約することができます。
一般媒介契約は複数の不動産会社と契約することができ、自分で見つけた取引相手と契約できます。
契約した不動産会社では広告活動を始めます。
相手が見つからないときは価格を下げた方がいいなどのアドバイスももらえますし、相手が見つかれば売買契約をすることになります。
自分だけで考えると不動産売却は難しいと感じますが、不動産会社に依頼すればすべての流れをわかっているので引き渡しまで任せられます。
信頼できる不動産会社ならわからないことも細かく説明してくれて、不安も少なくできるでしょう。

不動産売却についてもっと調べる

磐田市 不動産売却

新着情報

◎2020/12/1

不動産売却と賃貸
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

築年数が経過した物件の売却
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「不動産 不安」
に関連するツイート
Twitter